2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.03.27 (Sun)

お米をガスで炊くということ

お米がちょうど切れたときに

買おうと思ったら、

どの店も売り切れでスーパーにも置いていなかったのです。

いつもの大量においてある在庫が消えているなんて

驚きです。

仕方がないから、もち米を買って炊きました。

1748.jpg

この時期にちょっと不謹慎かもしれないけれど、、、

ささげがあったので、使うことにしました。

1763.jpg

ささげを20分煮て、煮汁を使って炊くだけ。

1766.jpg

小豆や赤米を使うこともありますが、

私はささげが一番好きです。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

我が家は炊飯器がないので、ご飯は土鍋か圧力鍋か普通の手持ちの鍋で炊きます。

「炊飯器が無い」と言うと、

かなり驚かれることが多いんです。

こちらとしてはびっくりされることが逆に驚きなのですが、

それより驚いたのが、ガスでお米を炊くことができる人が

本当に少ないということ。


そして、炊飯器の釜に書いてある

水の線に頼っているから

実際の使用する水の量を知らない人が多いんです。


電気は使えなくてもガスが使える状態なのに、

お米が炊けない非常食という意味もあるのかな、

パンやパスタやラーメンが異常に売れる理由が

なんとなくわかりました。


前回和食の利便さについてちょろっと触れたのですが

和食は水は最低限の量だけ使うし、

電気も使わなくてもいい調理が多いんです。


たとえばパスタはゆでるのに大量の水を使用して

捨てることになる。

パンは水分が少ない分、

油を使うから洗い物は洗剤と水を大量に使うし、

パンに添えるスープやコーヒーなど飲み物も多い。


一方、お米は無洗米を使えば洗う水が少なくてすむし、

炊くときに使う水はすべて吸収するから

ごはん自体が水分が多い。

そこで煮物や味噌汁など和食でそろえれば

捨てる水分は少なくて、飲んで食べて身体に入れることになるし

極端な話、油脂が少ないから洗い物も軽くすすぐだけでもよい。

(昔はお米の研ぎ汁で食器は洗っていたんだし)


また、ご飯をガスで炊く話に戻るんだけど、

停電になったときに、炊飯器で炊いておいたご飯は

レンジでチンもできないよね。

必要なときにガスで炊けば、

停電時でも炊きたての美味しいご飯が食べられるわけです。


アウトドアでもつくる料理はやっぱり和食が多いんじゃないかな。

薪で炊くお米の火加減なんて、

普段ガスで炊いていたら難しくないですよ。

外で油たっぷりの洋食や、

またはパスタのように捨てる水分が多いと

自然を目の前に環境汚染をしているようで考えてしまう。


だしとごはん中心の和食にすれば

いろんな相乗効果で健康になれるっていうことのみならず、

環境や資源にもいいっていうことになるんだね。

和食って偉大だなあって、

あらためて感動しました。


ぜひ、炊飯器を使わない生活を

一週間ためしてみてください。


クリックいただけるとうれしいです♪

こっちと♪↓ ↓     こっちも♪↓ ↓ 励みになります(*^_^*)
   

クリックありがとうございます。


またお会いできますように
スポンサーサイト

テーマ : オーガニック、菜食、マクロビ - ジャンル : グルメ

23:16  |  ごはん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nukadokolife.blog85.fc2.com/tb.php/414-da631b1d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。