2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.10.05 (Tue)

手作り味噌の作り方3 分量&材料

初心者の方も、一般家庭で作って管理しやすい分量は

出来上がり4キロ

だいたい4人家族で4ヶ月分ぐらい?かな。

初心者でも失敗なしで、

カビができにくい分量は塩分12.6パーセント。

材料は以下のとおり


大豆 1キロ
麹  1キロ (乾燥麹の場合800g)
塩  450~490
種味噌 250g(無くてもいいです)
保存容器(漬物樽みたいなもの) 約5キロ(5リットル)用
アルコール(ホワイトリカーみたいなアルコール25度~35度) 約50ミリリットル
塩(最後に表面に軽く振る分) 少量
重石 800g~1キロ


出来上がり4キロだと、カビもつきにくいし、

(ついたとしても面積に対して少量ですみます)

樽の保管もそれほど場所をとりません。

あとは重石は漬物石でもいいけれど

できればビニール袋に安い塩800グラムを入れた

塩袋がおススメ。

均一に重さがかかるし、手軽です。

容器はプラスチック、ホウロウ、カメなど色々ありますが、

漬物用であれば材質はどれでもOK。

カメはとっても風情があって昔ながらなので

お勧めですが、重いのがちょっと、、、という方には

やはりプラスチックがいいです。

注意したいのはプラスチックは耐塩であることなので、

やはり漬物用がいいです。

ホームセンターでは黄色っぽいのがありますよね~

あと、ホーローもいいですが、傷がついたものは絶対NG。

傷がついたところは金属がむき出しになるので

これも塩でよくないです。


よく手作り味噌は辛いから苦手という人もいますが、

家庭の味噌は辛口で当然です。

でも、大豆より麹の量が多くなれば甘くなります。

味噌の甘みの元は麹(お米)の炭水化物にあります。

その場合、全体の重量に対しての塩分量は変えないほうがいいと思います。

いろんなホームページで配合が掲載されているからみてみてね。


しっかり発酵させてなじませれば

それほど辛くないですよ~

味噌は保存食。

減塩というものには必ずといっていいほど

添加物が入っています。

味噌は語ると長くなってしまうのですが、

自然の原理と先人の知恵でできたもの。

味噌こそこだわって使っていただきたいです。



「おいしそう~」「いいんじゃない~」って思っていただいたら

クリックいただけるとうれしいです♪
こっちにも♪↓ ↓     こっちにも♪↓ ↓ うれしいなあ(*^_^*)
   


またお会いできますように

あと、、、ちょぴっと宣伝。
私のもう一つのブログです~

↓↓↓

イラストカップHappy Kitchen Life
おすすめの商品を紹介しています。


イラストカップNaturavery ナチュラベリーのご案内
紅茶と食育の教室をしています。
このブログで紹介したナチュラルメニューも講座に盛り込んだりしています。
身体にやさしいメニューで、おいしく、たのしく、健康に♪


イラストラインパン
スポンサーサイト

テーマ : 紅茶・食育教室 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 手作り

17:17  |  味噌生活  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nukadokolife.blog85.fc2.com/tb.php/324-84650996

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。